Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

髙田千明さんのwiki風経歴(プロフィール)や学歴(出身高校、大学)は?旦那さんは?

takada01 テレビ番組
スポンサーリンク

パラアスリート 陸上選手の髙田千明さんが
24時間テレビで結婚式を挙げ、人生が変わる1分間の深イイ話や勇気のシルシに出演したことで話題になってますね。

髙田千明さんといえば、
先天性の視覚障がいを持ちながら、IBSA WORLD GAMESで全盲日本人女子初のメダル獲得という快挙を果たしたり、リオ・パラリンピックでも自己ベストを更新して入賞。東京パラリンピックで金メダルを目指しているパラアスリートです。

勇気のシルシでは、
完全に視力を失った方の全力の助走は非常に難しいことですが、コーラーの手拍子と声に導かれ助走・ジャンプ!

パートナーへの信頼があるからこそ全力の助走で日本記録を更新するまでになりました。

ママとしての姿は自然体で、旦那さんと息子さんとの幸せなひと時も観ることが出来ました。

髙田千明さんの競技者としてのプロフェッショナルな姿の反面、笑顔が素敵な彼女が垣間見えたようです。

今回は、髙田千明さんがどんな方なのか、調べてみました。

スポンサーリンク

髙田千明さんのwiki風プロフィール

takada01

本名:髙田千明
読み方:たかだ ちあき
出身地:東京都大田区
生年月日:1984年10月14日
血液型:B型
所属先:ほけんの窓口グループ所属の陸上選手
パラリンピック / Paralympic Games』日本代表

伴走者・コーラーは、1996年アトランタオリンピック日本代表(4x400mリレー決勝5位入賞・アジア記録保持者)の大森盛一氏。

髙田千明さんの経歴

先天性の視覚障がいを持ち、18歳の時に全盲となります。22歳の時に伴走者と出会い、陸上でパラリンピックを目指すようになりました。

2011年IBSA WORLD GAMESでは、200メートル2位銀メダル獲得、100メートル3銅メダル獲得。全盲日本人女子初のメダル獲得という快挙を果たします。

IPC陸上競技世界選手権大会(パラリンピックの世界選手権)の走り幅跳びでは6位入賞。

女子走り幅跳び(視覚障害T11)でリオ・パラリンピック8位、自己ベストを更新して入賞。

リオパラリンピックでは100mで、日本記録を更新するも予選落ちしましたが、走り幅跳びでも日本記録を更新し、見事8位入賞をしました。

2017年7月のパラ陸上の世界選手権で銀メダル。

東京オリンピックでは、息子の諭樹くんに「世界一のママ」を見せることを目標に金メダルを目指しています。諭樹くんが一番輝いているメダルしか要らないと言われたそうです(;^_^A

でも、息子さんの応援は一番のチカラになりますね。

「24時間テレビ」「人生が変わる1分間の深イイ話」などに出演して、全盲のパワフルママさんアスリートとして注目を集めています。

髙田千明さんの学歴(出身高校、大学)

盲学校を卒業後、日本IBMに入社。2007年に聴覚障害を持つ陸上競技アスリートである高田裕士と結婚をされます。

学生時代、二人とも国体に出場する選手で、顔見知りだったそうです。練習漬けの日々だった高田千明選手のもとへ練習仲間から、高田裕士選手が探していたことを知らされます。

その後、競技場で再会した二人はチームメイトとして練習をするようになりお互い意気投合して結婚へ♪

二人で支え合いながら、耳で聞いて伝える役目が千明選手、メニューなど目視する役目が裕士選手といったように、役割分担をしているそうです。

いやー、ステキですね☆

髙田千明さんの旦那さんは?(画像)

takada02

高田裕士(旦那さん)
1984年11月3日生 A型 東京都荒川区出身

千明選手の旦那さんも凄い人で、聴覚障害者のオリンピック『デフリンピック/Deaflympics』日本代表で、400mハードルの日本記録保持者です。

聴覚に障害を持って生まれ、感音性難聴で、最重度の聴覚障害者(両耳の聴力レベルが100dB以上)。

高校までは野球部に所属。横浜国立大学入学後に陸上競技部へ転向して才能が開花します。

デフリンピックは2009年台北大会・2013年ソフィア大会・2017年サムスン大会、世界ろう者陸上競技選手権大会は2008年イズミール大会・2012年トロント大会・2016年スタラ・ザゴラ大会といずれも三大会連続で出場する実力者。

2015年 アジア太平洋ろう者競技大会銀メダリスト。
2012年トロント世界ろう者陸上競技選手権大会銅メダリスト。

国際大会で銀メダルと銅メダルを獲得しています。

デフリンピック日本代表選手としては史上初のプロスポーツ選手として活動していて、メディア出演、イベント出演、講演会、チャリティーイベント、ろう学校部活指導などの活動をしています。

高田裕士選手も千明選手同様「世界一のパパ」を見せることを目標にしているそうです。

まとめ

この記事では、パラアスリート 陸上選手の髙田千明さんさんについて、紹介してきました。

髙田千明さんさんについて調べてみて、わかったことを
最後にまとめておきます。

・髙田千明さんのwiki風プロフィール
   東京都大田区県出身33歳。
   パラアスリート 陸上選手
・髙田千明さんの経歴
   女子走り幅跳び(視覚障害T11)で
   リオ・パラリンピック8位、自己ベストを更新して入賞。
   2017年7月のパラ陸上の世界選手権で銀メダル。
・髙田千明さんの学歴(出身高校、大学)
   盲学校卒業
・髙田千明さんの旦那さんは?(画像)
   聴覚障害者のオリンピック
   『デフリンピック/Deaflympics』日本代表

夫婦付二人で助け合いながら、競技と子育てに奮闘している姿はステキですね。

真剣に打ち込んでいる姿は、普段ダラっと過ごしてしまう自分に喝を入れられたようでした(´;ω;`)ウゥゥ

私も出来ることからコツコツ頑張ろうと思いました。